ロゴマーク
地方自治と都市問題に関する専門的研究機関
公益社団法人
神奈川県地方自治研究センター

月報 2021年度

号数 通算 タイトル 発刊日 ページ数
192 256 自治研かながわ月報 No.192(通算256号) (/)
巻頭言 「地域で働くすべての仲間を支える運動」へチャレンジ!
2021横浜市長選挙~この夏、横浜に何が起こったか~
 横浜地方自治研究センター副理事長 岩沢弘秋
コロナ禍の県内フードバンク運動の現状と課題
 公益財団法人かながわ生き活き市民基金専務理事 大石高久
協同労働の意義と価値を地域に広げ希望の連帯を巻き起こそう
 特定非営利活動法人参加型システム研究所所長 井上雅喜
コロナ禍での自治体職員の働き方
 公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事長 佐野充
【連載】ドイツで実体験した新型コロナ感染症対策について-2019年9月から2020年8月までの海外研修報告を兼ねて-(3)
 山梨県立大学国際政策学部教授・公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事 熊谷隆一
『枝野ビジョン―支え合う日本―』を読む 2
 公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事長 佐野充
支え合う社会と機能する政府をどう作るか―書評『枝野ビジョン』
 公益社団法人神奈川県地方自治研究センター研究員 野口鉄平
2021年10月25日 30
191 255 自治研かながわ月報 No.191(通算255号) (geppou_0255_0191.pdf/27 MB)
巻頭言 ヘイトを止めるのは政府の役割だ
東日本大震災から10年目の被災地の現状と問題点―復興事業における合成の誤謬とは何か―
 神奈川大学名誉教授・公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事 佐藤孝治
会計年度任用職員制度と神奈川の自治体の非正規化状況2020
 公益財団法人地方自治総合研究所研究員 上林陽治
【連載】ドイツで実体験した新型コロナ感染症対策について-2019年9月から2020年8月までの海外研修報告を兼ねて-(2)
 山梨県立大学国際政策学部教授・公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事 熊谷隆一
『枝野ビジョン―支え合う日本―』を読む 1
 公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事長 佐野充
2021年8月25日 36
190 254 自治研かながわ月報 No.190(通算254号) (geppou_0254_0190.pdf/24 MB)
巻頭言 新型コロナによる公衆衛生の危機とワクチン敗戦をどう考えるか
(ポストコロナと)人口減少社会における地域コミュニティの変容―横浜市市民意識調査の活用事例から
 元横浜市政策局政策支援センター主席研究員 中川久美子
公契約条例の全国動向について―2020 年度末時点における賃金条項の現段階
 公益社団法人神奈川県地方自治研究センター研究員 野口鉄平
【連載】ドイツで実体験した新型コロナ感染症対策について―2019年9月から2020年8月までの海外研修報告を兼ねて―
 山梨県立大学国際政策学部教授・公益社団法人神奈川県地方自治研究センター理事 熊谷隆一
2021年6月25日 28
189 253 自治研かながわ月報 No.189(通算253号) (geppou_0253_0189.pdf/20 MB)
巻頭言 デジタル産業の台頭が労働環境を変える
鳴海正泰先生と神奈川自治研センター
 公益社団法人神奈川県地方自治研究センター顧問 上林得郎
自由に、フラットに~ゆるいつながりが生む可能性~県西地域女性議員でつくる「あしがら女子会」座談会から
 あしがら女子会×谷本有美子×横山純子
2021 年度政府予算と地方財政計画
 公益財団法人地方自治総合研究所研究員 其田茂樹
2021年4月25日 28
Page Top